検索

【もういちど、アランニット特集!】




また?と思われるかもしれませんが

どうぞお付き合いくださいませ


もっと深く知りたい

深く知ると、より愛着も増すのです!

アラン諸島。 アランの意味は長い山々からなる。

アイルランドの西の果てにある

イニシュモア、イニシュマン、イニシア

という3つの島からなり

石灰質の岩盤から成り立つ島です。

1950年ごろ、アラン柄ニットが産業として

ニット販売会社に組織化され、

安定して供給していました。

それから約70年が過ぎ、現在

アイルランドでは、ニッターと言われていた人は

170人ほどに少なくなってきています。

それでも今の私たちに魅力を伝えて

続けてくれるアランニット。

古き時代のニットには、

島の暮らしの中で、物が少ないからこそ生まれた

ニッターの想像力、情熱、想い、才能が

含まれていると感じます。

高齢化している今、本物のニットに出会う

ラストチャンスかもしれません。

伝統的なアランニットは

白いニットのイメージです。

白は島の人にとっては、教会にきて行く時

や結婚式の晴れ着、オシャレ着の発想で、

おばあちゃんが子供に編んであげていたようです。

1色の糸を如何に柄を駆使して

豊かな感性を表現するのか、

柄の意味も込めながら編まれたセーターは

喜ばれたことでしょう。

アイルランドにある小さな島には

ニットやツイードといった

ウールを使った素材が多く

職人技が継承されています


首都のダブリン、1000年の歴史があり

文化や芸術、グルメ、ファッションにも

オープンな街(留学時代に訪れたのですが

あまりにも短い時間の中で、記憶が曖昧で、

今更、後悔しています。。)

街のいたるところの文字が

ケルトらしいのフォント

が使われていたのが印象的です

ぜひ訪れたい場所があります。

Trinity College Dublinの図書館。

300年の歴史ある建物、

国宝級の<ケルズの書>があり、

15-19世紀の書20万冊が並ぶ様子を見ておきたかった、、

ヨーロッパ一長い図書館。

島の人々の想いを模様や色、柄に乗せて

作り出されるアランニットは

とても優しくて、温もりあるニットばかりです


アランニットを調べてきて

感じたのは、美しい島と風の強い地形

人々の暮らしから自由に生まれ、

豊かな想像力と楽しみながら

暮らしと共に続けてているお店が

多いのも納得ですし

心に届くものがありますよね

ぜひ、皆さんに触れていただきたい

アイルランドのニットのお話でした。

長くなりましたが、

ここまでお読みくださり

ありがとうございました!

本に紹介されていた

アイルランドの代表的なお土産やさん

Cleo(ツイード)

Donegal shop

O’Maille(オモーリャ)

An Tuirne (アン・トゥーナ)

Inis Meain Knitting Company

Granny’s Bottom Drawer

参考図書

・絶景とファンタジーの島アイルランドへ 著:山下直子

・I PLAY KNIT 著:三國万里子

・アラン、ロンドン、フェアアイル 編み物修学旅行 著:三國万里子

・ARAN and Gansey 著:風工房

#アランニット

#ニット好き

#アイルランド

#イギリスのニット

#編み物

#長野市

#機械編み

#手編み機のあるお店

#ニット専門店

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示