検索

【オーダーメイド=オートクチュール】


こんにちは、いかがお過ごしですか?

もう6月も終わりますね。

今年の梅雨はなんて暑いんでしょうか?! 長野市でも37℃という気温です

こうなるとまた冬は雪が多いのではないかと

噂されていますが。。



オーダーメイドニット。


これは、お客様の思い描くニットを

一緒に形にしていきます。


どんな形、素材選び、色選びも

ご自分の好きを選ぶこと


初めての試みなので、

どんな感じになるか

今からドキドキワクワクです




_____________________

今まで、既製品の服が合わないと

感じていたあなた

_____________________

もっとこんなデザインあったらいいのに。。

欲しいものはお店では見つけられないあなた _____________________

周りとは被らない

自分だけのオンリーワンが欲しいあなた

_____________________


私の考える、

オーダーメイドは

オートクチュールのようなもの


あなたのためだけに

作る洋服の工程は、以前働いていた

アパレル会社での製造工程と同じステップを

組んでいます


『素材選定→サンプル製作→検討&修正→本生産』 この過程の重要なところは


サンプル製作と修正を繰り返して

よりお客様の未来に近づく形を 仕上げることです

素材選択から、的確にアドバイスします

デザインを学び始めて15年以上の経験から

判断しています





余談ですが


これまで、ロンドンコレクション

Alistair Carr と Rubecksen Yamanaka にて






2つのブランドに携わり、

素材をゼロから作ることもしました

1反(30m巻き)の生地を1インチ巾に

数日かけて全て手でカットし、

ミシンで端と端をつなげて

それを直径5cmほどの編み棒を作り

手編みするという、偉業もしました

また、ナイロンの生地に10cm間隔で

ミシンステッチを入れて全て等間隔で

ギャザーを入れていく手法で仕上げた

ジャケット。





洋服の無限の可能性に触れた時でした

プロのデザイナーと

これやってみよう!

それ、いいね!という

声とともに、形づくるコレクションは

この上なく楽しくてワクワクするものでした



::::::::::::::::::::

正しいモノづくりではなく

ワクワクするモノづくりを目指しています

::::::::::::::::::::

お客様の理想を形にするため

思い描くものに出会って満足していただくために

一から心を込めて、全集中して取り組みます

ニットは1本の糸から

幾重にも変えられるのが

魅力です

ぜひ一緒に始めませんか??

お店にご来店できなくても

Zoom(オンライン)でも

打ち合わせ可能です^^

お待ちしております


https://www.retrospective-nagano.com/webinar-registration


#オーダーメイド

#オーダーニット

#完全オーダーメイド

#あなただけの服

#オンリーワン

#機械編みニット

#手横編み機

#希少価値のある編み機

#ファッション好き

#ニット好き

#デザインしてみたい

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示