検索

【憧れニットの聖地スコットランド】 

シェットランドレースニット


今日はシェットランドのレースニットのお話。

シェットランドレースは島の伝統技術によるもので

ヴィクトリア時代(1830年代から1900年代)から

島の繁栄を支えていました。

1本の細い糸から編まれるレースニットは

結婚式などでも使われており、

それは、56gほどの糸を約5400mの糸に紡ぎ

180cm四方の1枚のショールへと編み立てることで

軽さと繊細さからウェディングリングへも

通すことができるというものです。

ハップとは、肩からかけたり、頭にかぶったりしたり

普段使いの素朴なショール。子供が練習用に編んだりもします。

漁に出かけた夫の帰りを待ちながら

年長者や近所の編み仲間と一緒に

と編まれていたのでしょうか。

想像すると、ワクワクしますね。


そして、シェットランドレースは複雑な模様を組み合わせて作る

大判ショール。熟練の職人技が光る、美しく繊細な模様の

ニットレースが1830年代のイギリスの富裕層

から喜ばれ人気を高めます。

細かい作業を細分化し、技術を高めていって、細いレースを編む人、

デザインして編む人、木のフレームに張って型を決める人、

洗いにかける人などの専門家に分かれていました。

余談ですが、

日本もニット産業全盛期の昭和30−40年代、

ニットの作業は細分化され、製図、編み立て、リンキング

洗いの専門家にそれぞれ分業して行われていました。。

その当時のお話を聞きましたが、

リンキングのみの作業でも1軒の家が建てられるほど

儲かっていたそう。

貴重な数多くの資料が保存されている

シェトランドウールなどは

スコットランド、エディンバラから飛行機で

シェットランド諸島へ飛行機で1時間半の

メインランドにある、

シェットランド・ミュージアム・アンド・アーカイブズにあります

HPでもコレクションの画像が見れますので

ぜひご覧くださいませ^^

(私も1度は訪れたい場所です!)

https://www.shetlandmuseumandarchives.org.uk/

リサーチ資料

アラン、ロンドン、フェアアイル

編み物修学旅行 著 三國万里子



閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示