検索

イギリスの伝統ニット深掘り①





【①イギリスのニット何があるの??】

イギリスのニットのイメージは どんな感じでしょうか? *アランニット *フェアアイルニット *フィッシャーマンズニット *カシミアニット


*ノッティンガムレース

お恥ずかしい話、ロンドン留学前は イギリスのニットを全く知りませんでした そして、芸術学校で初めて知ったのです これまで見かけていても名前を知らずに

手に取っていました


イギリスでは今もなお、作られている 伝統を受け継ぐニットがあります それは、それぞれの土地柄にあった 独自のニットなのです


留学時代に知ったのですが、

様々な地方に特有のニットがあり

その地方の大学で学ぶ事ができました。

それが現在も続いていることで

若い世代にきちんと引き継がれているのです


こういった環境設備を

国で整えて守っていくのは

見習いたいところですね


イギリスの王室の方も

頻繁にニットを着ている様子を

見ますし、キャサリン妃もお子様のおくるみに

ノッティンガムレースニットを

愛用されています






<フェアアイルニット> フェアアイルとは、スコットランドにある シェットランド諸島にあるフェア島 (Fair island)で生まれた織り方のこと をいい、その織り方で作られた伝統的な パターンをフェアアイル柄といいます。 セーターやベスト、靴下などによく使われます。 1921年にウェールズ王子がフェアアイル柄の セーターを着用したことから、 その存在が有名になりました。 柄はカラフルな色を幾何学模様を使い 柄をリピートさせながら ジャガード編みをしています 柄によっては意味があり、 各家庭の柄があったとも言われています 私もイギリスにいるときは 定番と言っていいほど よーーくみかけたニットです 色とりどりで個性もあり、 しっかりと縮絨された厚手のニット。 イギリスの寒くて風の強い日には とても重宝する一枚です *画像のストールはお店で販売しているものです スコットランドニットブランド 私も、未来に残していけるニット

を作り続けたいと

強く想います^^


毎年人気のスコットランドニットシリーズは秋入荷します

全て1点もののため

見つけたらお早めに!


<Robert Mackie> https://www.retrospective-nagano.com/product-page/retrospective-knit-brown-jacquard-scarf-made-in-scotland #編み物 #スコットランドニット #長野市 #ニット #編み機のあるお店 #fairileknit

#フェアアイルニット

#イギリスのニット



閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示