top of page
検索

夏→秋 素材は何がいい?


いかがお過ごしですか?

9月になり、夜になると鈴虫が泣いているのを聞くと

気持ちも涼しく感じますね。



夏から秋にシフト。

秋は短いですが、季節の変わり目は

楽しみですね。

四季折々を感じること。


夏のおすすめは麻を押していましたが。

フレンチリネンの美しさにうっとりして

いつでも触れていたい気持ちです。

素材マニアの人は麻が好きな気がするのですが

いかがでしょうか。

経年して育成する素材、”リネン”です。




そして、秋といえば、色で見せるコットンもいいですね。

冬の手前なので、ふわふわと毛足の長い糸は、

まだ日中は暑く感じてしまうので

こんな時はコットンが万能です!


コットンでも幅広く、細い糸や撚りが強いと

シャリ感があり夏らしくなります。

秋に向けては、撚りの甘い柔らかいコットンが

いいですね。



現代のコットンアクリルは優秀



コットンアクリルと聞いて、

どんな印象でしょうか?

お店でご用意している、

コットン50% バルキーアクリル 50%

の糸ですが、とても風合いが良く、

さらに、機能も抜群です。

ふっくらと軽く、タッチは

コットンの肌触りと変わらないほど。

どうしてもコットンの太番手は重く、軽さを出すのが難しいため

季節の変わり目にはとってもおすすめです。

ご自宅で洗うこともでき、

乾きも早いため、嬉しいことですね。






1本の糸が撚りがしっかりしているので、引っ掛かりににくく、

柄が際立つのも特徴です。

サンプルの柄をご確認くださいませ

1本タックをボーダー状に入れるだけでも、

全体の表情にリズムがつきますね。

メリヤス編みより、ほんのりデザインが加えられて

個性が出ますよ。









秋の初めにはコットン・カシミヤもあり?!


いきなりふわふわの糸より

コットンとカシミヤブレンドもあります。

カシミヤの紡績段階で生まれる落ち棉(ワタ)を

再利用した環境に優しい原料を使用し、 綿と組み合わせることで、カシミヤのタッチは

そのままに年間通してぴったりな素材です。

カシミヤを少し含ませているので

ふんわり感とリッチ感もプラスされていいですね。


こちらは糸の参考にご覧ください

https://knitrowan.com/products/cotton-cashmere






色で先取り秋モード!


素材はまだ早いかもという方には、

ワンポイントで色を取り入れるのも気分が上がりますよね。


色で秋らしい、オリーブ、ワイン、ダークレッド、

パープル、モスグリーン、

ブラウン、モカ、など1点加えるだけで

グッと秋の雰囲気が漂います。



秋色はこちらをぜひ参考に⇩




ようやく夏から秋へのシフトを

考えるのも嬉しいですね


今年の夏は本当に暑かったですね。

あと少し、乗り切りましょう〜。

ここまでお読みくださりありがとうございました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


経歴

2002-2005 ロンドンへ留学。

University of Arts Londonを卒業。

ニットテキスタイルを専攻。

帰国後、10年ほど複数のアパレル会社にてデザイナーとして働く。

結婚、出産、3姉妹を育てながら長野市へ移住。

現在、自社店舗<Retrospective>(レトロスペクティブ)

兼アトリエとして2018年春からスタート。

オーダーメイドニットを始める。


Retrospective(レトロスペクティブ)の想い


未来に残っていくブランドとして

素材へのこだわり、本物志向、

丁寧な物作りの全てに向き合って

続けていきたい


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


SHOP:: Retrospective

(レトロスペクティブ)

木・金11am-4pm,土1pm-5pm

長野県長野市南県町1099西智ビル204

tel 026-217-5454

https://www.retrospective-nagano.com/


mail

info@retrospective-nagano.com




youtubeチャンネル 製作風景の動画公開中





iichi (イイチ 通販サイトにて出店中)



公式ライン

手編み機体験を毎月開催中。メニューから予約可能です。





ブログ アメブロ

店主の日常の子育てや教育についてを綴っています

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page