top of page
検索

挑戦、新しいテクニック




以前にも挑戦していたインターシャニットです

前回うまく行かず、習得する前に挫折。


そして今回、ニットオーダーをいただいたことをきっかけに

練習を始めたのです

最初は仕組みが分からなかったり、テンションがうまく行かないと

目が落ちたり、キツくなりすぎたりして、つってしまうことがありました

丁寧に焦らず、ゆっくりと一目一目数え、適度なテンションをキープして

糸を選び、色を変えて糸をかけていくので

織物にも近い感覚なのかなと思っています。

編み機は編んでいるうちは裏側からしか見えないので

表から見た時の感動もひとしお。




練習していくうちに出来始めるととても楽しいものです。

また、イメージが膨らんでいきます。

柄組み、色合わせ、文字を入れるなど、

縦に配色を入れること、さまざまな表現が可能になります。


頭に描いていたニットがインターシャで可能になる

これは自分にとってとても新しい発見とテクニックでした



ニットは奥深さがあり、進化に終わりはありません。

多くの技術、テクニック、デザイン、方法があり

本当に学ぶことが多く、モチベーションが上がっていきます

機械編みのインターシャニットは興味深く、

デザインのバリエーションがまた広がりました^^


1本の糸から生まれる新しいニットデザイン。

これからまた思い描いたニットをどう現実化するのか、

クリエイションしていくのが楽しみです。


そんなワクワクを感じたい方、

ぜひワークショップでも今後取り入れていきますので

乞うご期待ください。



インスタ


公式ライン(こちらからワークショップのご予約できます)


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page