検索

2 イギリスニット【アランニット】

<アランニット>


生成の糸に立体的な編み地が特徴のアランニット。

フィッシャーマンズニットとも呼ばれる。

アイルランド西岸、漁師の町アラン諸島が発祥のニット。

年中、海風の強い地域だったために、

生成りの油分を含むウールが撥水効果を生み、

太いウールで

手編みされていました

模様の一つ一つに、漁に出た夫のために

編む妻の祈り、思いが込められており、

砦や荒波を防ぐ石垣、漁師の縄、網、

成功や大漁を表しています

定番はクルーネックニット、船員(クルー)

から名付けられたとされています


それぞれの柄に意味がつけられている

縁起物のセーターのようでとても興味深いですね

柄が複雑で凹凸もあり、単色でも

存在感が抜群ですよね

ちょっと知っておくだけで

プラスになる情報を

これからもお届けしていきますので

ニットを探すときなどで

思い出していただけると嬉しいです


ショップにはアラン柄ベースのストールがあります

柄を見ながら意味も照らし合わせると面白いですね


毎年秋にスコットランドニットを仕入れております

全て1点となりますので、お気に入りを見つけたときには

お早めに^^


https://www.retrospective-nagano.com/product-page/retrospective-knit-aran-scarf-made-in-scotland


#scotlandknit

#アランニット

#スコットランドニット

#ニットストール

#長野市

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示