top of page
検索

Cricket uniform が気になるわけ


こんにちは、今週から雨が降ったりで

長野市も冷えますね。

暖房をつけ始めたところです。



先日にもお伝えしたのですが、

ハマっている、イギリスのドラマ。

“Father Brown” ブラウン神父。

こちらの設定が第2次世界大戦後、1950年

ということもあり、衣装が毎度気になり

思わずメモしてしまいます^^

こないだ見ていた中のシーンで

クリケットの試合のストーリーがあり、

そこから、クラシックなクリケットの衣装が

非常に気になってしまいました。

アイボリーのケーブル柄のベストや、

Vネックのセーターに襟ぐりのリブ

にはネイビーの配色が使われています




その色のトーンがとてもあっていて、

全体のホワイト系のユニホームに

ニットの合わせているのがオシャレなのですね。



イギリス発祥であり、国技スポーツだけあって

紳士的な雰囲気が漂います、

スポーツマンシップという言葉は

クリケットから生まれたとか。


上流階級のスポーツでもあり、

ジェントルマンが多く参加したり、

18世紀から19世紀は娯楽として、多くの民衆にも

ギャンブルとして親しまれていました。

そのため、衣装にもこだわり、清潔感や上品さ

がみられますね。


画像は白黒ですが、実際にドラマの中で見ると

アイボリートーンに統一されていて

チーム全員揃っていると、オシャレ感が圧巻です。





画像は下記より


そして、女性チームもあり、

活躍してたのもうれしいです。

Father Brown のストーリーでも、

最後にメンバーが足りなくなった時の

助っ人として、男性チームに1人女性が

加わり勝利に導くという話でした。

(まだ見られていない方にはすみません!)





画像は下記より



スポーツにも品があり、テニスのユニフォームとも近いものがありますね

とにかく、ブレザーを着るというのも

かっこいいユニフォームです。


今回はまたマニアックなお話でしたが

イギリスらしさが溢れる衣装ということで

お伝えしてみました




閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page