About  RETROSPECTIVE

DSC02129.JPG
D4191667-25F1-4C8F-AF9E-932C7A50A32C.heic

Retrospectiveの想い

長野で生まれる

 

記憶に残る

とっておきのニットストール

をつくる

  

学生の頃、ロンドンに留学。

そのときに受けた影響が強く、今に至る。

さまざまな人種,文化が混ざり合う

ロンドン生活は自由になる感覚

自分らしさを深く追求した時間

イギリスでは古いものに愛着を感じ

伝統をつなぐ努力がみられ、

vintage shopやcharity shopが

身近にある

その根底にあるのは

作り手に対するリスペクトの気持ち。

お店の名前は Retrospective (レトロスペクティブ)

過去をみつめる、寄り添いながら

​隣にある存在でいたいという想いからつけました

大切にしたいのは

スローファッション。

作り手と対話しながら

とっておきのニットウェアに出会える場所 

 

レトロスペクティブお取扱い

オリジナルブランド

□カジュアルユニセックスブラント『JONNOVI』

□大人目線のミニマルデザイン キッズウェア『Flourish』

□手編み機による ふんわりナチュラル上品ニット『Retrospective』

​Introduce myself

1980年生まれ、愛知県出身。

大学の頃、ロンドンへ留学し

芸術大学にてニットを専攻。

ここで、編み機と出会います。

 

ロンドンコレクション

Alistair Carr,  Rubecksen Yamanaka

にてデザイナーアシスタントを経験。

帰国後、東京で10年ほど

アパレルデザイナーとして働く。

 

その後、3人の子育てをしながら

また、編み機を使った

お店を始めたいという強い思いから

2017年、長野市へ移住を決意。

同時にお店をスタートしました。

記憶に残るとっておきの1枚のストールをご提案。

お店では50年経ったビンテージの手横編み機を

使い、天然素材にこだわり、

シンプルな中に独特な風合い、弾力のある

柔らかなストールを作製しています。

12A4E59C-8420-4C73-A1D9-59F38B521E1A_edited.jpg
IMG_1107_edited.jpg
CF99037C-9E32-4EC0-815E-4FF2FC65CD90_edited.jpg