RETROSPECTIVE

DSC02129.JPG
3374D093-10AD-4A63-9974-112FF359FE26_1_201_a_edited.jpg

​現代から過去のカルチャーを見つめて考え直す。

大量生産され、次々と新しいものを纏い、洋服を使い捨てていく時代。

自分の気持ちと向き合い、

これからの時代のファッションに必要なことは。

作り手が見えること、その想いを伝えていく

その先に大切に引き継がれていく服たち

Retrospective (レトロスペクティブ)

 

”なぜ ブランドを始めたのか”

”ロンドンへ留学し、自分を見つめるきっかけとなる

なぜ学ぶのか、何を学んだのか”

さまざまな人種が混ざり合うロンドンでの

生活は多様性を受け入れ、心地よい繋がり、

多文化の刺激を受ける

イギリスでは古いものに愛着を感じ

伝統をつなぐ努力がみられます、

若い人たちも

今の時代にあうように置き換えながら

伝えています

お店の名前は Retrospective (レトロスペクティブ)

過去をみつめる、寄り添いながら

​隣にある存在でいたいという想いからつけました

留学で得た編み機の知識、

ロンドンコレクションのアシスタントを経験後、

日本の有数なアパレルブランドでデザイナーを経験

型にはめられたことではなく

自分自身に問いかけて、導いた答えが

ニット編み機を後世に伝えることだと思い

 

編み機を探すことも困難な状態から

3年をかけて、やっと3台の手横編み機が手元にきました

 

編み機を触ることが自分にも落ち着く場所であり

癒しになっています

 

ここから、技術を磨きながら

求めていた、作品作りを続けていきたいです

 

レトロスペクティブお取扱い

オリジナルブランド⇩

カジュアルユニセックスブラント『JONNOVI』

大人目線のミニマルデザイン キッズウェア『Flourish』

手横編み機による ふんわりナチュラル上品ニット『Retrospective』