top of page
検索

Attracted by 1920s era



過去のファッションにはいつもインスピレーションが多くあります。

自分の生まれる前の世界。

本や映画などでは見たことのある世界。

いつも気になります。



今日は、私も好きな時代にフォーカスしていきます。

1920年代のファッション。

黄金時代と言われる由来、アールデコのデザインが取り入れられ

装飾は煌びやかで華やか。

戦後の反動から、ジャズ、フラッパーと呼ばれる女性が現れます。

コルセットを外し

締め付けない直線的なシルエットの膝丈のドレス、

動きやすさや機能性も合わせられるようになりました。


この頃から、服飾産業の大量生産が幕開けとなり、

既成服を着る大衆消費時代が始まっています。


(画像参考:映画 "華麗なるギャッツビー"Amazonより)


映画から情報を得ることもあり、1920年代の映画としては代表的な

"華麗なるギャッツビー" や

"ミッドナイト・イン・パリ"ウッディ・アレンの映画では

現代から1920年にタイムスリップするというユニークで魅力的な世界観が

みられます。



この時代になぜ惹かれるのか。

異世界に感じ、もちろん、今のファッションスタイルとは

随分と違います。この当時の女性の中には

男性が有利な社会に出るために

自立に向かって声を上げていたことでしょう。


スタイリング、メイク、ヘアスタイル、アクセサリー

全てがシックで統一感があります。

オートクチュールによってファッションのトレンドが次々と

発表され、装飾は刺繍、ビーズワーク、細かいプリーツ、ギャザー

など繊細で1点ずつハンドステッチや手作業が

多く施されています。





これもまだ機械による生産が行われていない時代

1920年は新しい時代の始まり。

女性が社会進出にも影響していきます。

パリの有名デザイナーのココシャネルが登場するのもこの辺り。


この頃から女性のマニッシュスタイルも取り入れています。

コルセットを外し、服は体から離れたシルエットになり

男性目線ではなく、女性のためのデザインとも受け取れます。

髪型は帽子で隠れるほどのショートカット。




いつの時代でもオシャレを楽しみたい女性がいて

ファッションというのは飾るものだけでなく、

人とコミュニケーションに役に立ち、

自分を表現するためのツールで

日常に欠かせないものと考えています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



経歴

2002-2005 ロンドンへ留学。

University of Arts Londonを卒業。

ニットテキスタイルを専攻。

帰国後、10年ほど複数のアパレル会社にてデザイナーとして働く。

結婚、出産、3姉妹を育てながら長野市へ移住。

現在、自社店舗<Retrospective>(レトロスペクティブ)

兼アトリエとして2018年春からスタート。

オーダーメイドニットを始める。



Retrospective(レトロスペクティブ)の想い



未来に残っていくブランドとして

素材へのこだわり、本物志向、

丁寧な物作りの全てに向き合って

続けていきたい



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



SHOP:: Retrospective

(レトロスペクティブ)

木・金11am-4pm,土1pm-5pm

長野県長野市南県町1099西智ビル204

tel 026-217-5454



mail



youtubeチャンネル 製作風景の動画公開中




iichi (イイチ 通販サイトにて出店中)



公式ライン

手編み機体験を毎月開催中。メニューから予約可能です。

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page